収入証明書不要

旦那に内緒で収入証明書不要のカードローンについて

仕事をしていない主婦であっても、買い物などでお金が足りなくなりカードローンを利用する人も多くいます。多分即日融資ストライク|今すぐお金が必要な人向けカードローン|などをしっかり確認して借入をしているんでしょうね。旦那に言って、簡単に許可が出ればカードローンなどする必要がないのですが、旦那に内緒で欲しい物を買うこともあります。主婦は仕事をしていないので、収入がないことから、カードローンの審査に通ることが困難ですが、少額のカードローンであれば、収入証明書不要で審査が通ります。少額のカードローンは限度額が5万円と制限されていることから、収入証明書不要で審査も通り、審査時間も短いのが特徴です。また、消費者金融系や銀行系のカードローンは、スマートフォンやパソコンからも申し込みすることができるので、店頭にまで行く必要がないので、主婦はとても利用しやすいです。少額のカードローンであっても、銀行から融資を受けるよりも金利が高額であることから、滞納すると金利の支払いも増えて返せなくなり、旦那に頼らざるえなくなります。収入証明書不要で安易に借金することができますが、計画的な返済計画が大切です。

収入証明書を代理人に依頼するときの注意点

収入証明書は個人情報が多く記載されている証明書であるため、本人以外の人が申請した場合は交付されません。例えば収入証明書の代表的なものの一つである所得証明書は、市町村役場の窓口で申請して交付手数料を支払い、交付を受ける証明書ですが、全くの他人が申請した場合は交付されません。したがって、代理で誰かに申請及び交付を依頼するときや、代理で他人の証明書をとる必要があるときは、必ず事前に委任状などの収入証明書の申請や交付に関することを委任した旨を記載した書類を本人から預かっておく必要があります。この代理権が授与されたことが記載されている書類があれば、代理人でも申請者本人の証明書を代わりに申請して交付してもらうことができます。注意点としては申請窓口で代理人本人かどうかの確認がされるので、例えば免許証など委任状に書いてある代理人本人が来ていることがわかるような公的書類を持参してことが注意点としてあげることができます。

土日しか時間が無くて収入証明書が申請できないときは

収入証明書が必要な時は市区町村役場の税務関連の窓口で申請をして交付してもらうことになります。市役所の開庁日は基本的に平日で土日はやっていないため、仕事をしている人は休みでも取らない限り申請に行くことが難しいでしょう。仕事が休めなくて土日しか行けないという方は、収入証明書を郵送で申請する方法があるのでこの方法によって申請するのも一つです。一般的には申請しようとする市区町村役場の収入証明書の発行部署宛てに、必要事項を記載した申請書、必要な交付手数料分の郵便小為替、切手を貼った返信用封筒、免許証のコピーなど本人確認ができる書類などを同封して郵送することになります。「土日に行けないという」状況の方以外にも、「遠方で行くことが難しい」という方にも使える申請方法です。一般的に必要とされる書類以外にも場合によっては他にも必要な書類がいることもあるので、郵送で申請するときは事前に電話で問い合わせしてから申請するようにすると良いでしょう。

家族を自分の扶養者に入れる時には収入証明書がいります

家族になるケースで、一番多いのが結婚したときです。そのときには、その扶養する者の収入証明書が必要になります。今の法律では、ある一定以上の収入があるとその相手を自分の扶養家族にすることはできません。そのために、収入証明書で昨年の収入を確認することになります。これは、健康保険証についても同じことです。収入証明書で、規定を超える収入があるときには健康保険にも加入ができず、一人国民保険の加入になります。ただ、無職になり1年がすぎると収入がなくなるので健康保険に加入をすることができます。また、これと同時に国民年金3号になり年金の扱いも変わります。そして、結婚以外でも子供や親が無職で収入がないときも加入させることが可能です。配偶者の妻の場合は、現在の規定では103万円まではこの範囲になり税金もかかることはありません。これが配偶者控除になり、今廃止にするべきか問題になっている部分です。扶養者の範囲が検討されています。

年金免除等に必要な収入証明書と簡単な入手方法

年金免除やカードローンなど普段、申し込みし利用している人やこれから申し込む人もいるでしょう。そもそも収入証明書とは何か?収入証明書は、入手したい前の年の1年間の収入を公的に証明するためのものです。会社などで毎年貰う源泉徴収票が一般的ですが、自営業の人の場合は確定申告の控えや住民税の納税証明書がそれにあたります。銀行のカードローンや、年金の支払い免除、学校の奨学金申し込みなどに必要になってくる証明書です。必ずしも今現在の年から遡って前年だけしか入手できないわけではないので、役所に行き何年度の収入証明書を取得したいと申し出れば、簡単に入手できるのです。また、遠方にいる場合でも郵送での取得申請もできます。特に年金の支払い免除の申請をしようとした際、引っ越しをしており、申請する日と免除したい年度の1月1日とで住所が違う場合は、その免除したい年度の1月1日現在に住んでいた住所の役所で収入証明書を取得する必要があります。その際に、郵送で取得手続きが便利に活用できます。役所での取得は1通につき300円手数料がかかり、郵送の場合は郵便小為替300円分が必要になります。一般的な源泉徴収票では公式の書類にはならないので、役所で取得する証明書が公的に有用です。

収入証明書不要の方が良い!必要だとこんなに面倒メニュー